吸水性に優れている土嚢袋を使用してコストを削減しよう

作業員

広告シートの製作

イメージシートはロゴや図柄が印刷された広告用シートで、デザイン性豊かで耐久力があり、軽量で扱いやすいというメリットがあります。建築現場で養生シートとして利用すれば、企業のイメージアップや販促効果が期待できます。

多目的に利用される資材

土嚢はコンパクトで運びやすく、保管もしやすいため、昔から人気のある土木資材の一種として利用されてきました。災害時には土嚢を有効に使用することで、被害が更に大きく広がらないよう、防止することが出来ます。

突然の有事でも活躍

土嚢

強化された吸水と耐久

建設業者や自治体で利用されている土嚢は、排水や防水対策に欠かせない土木資材です。幅広いシーンに対応し、猛烈な雨で増水した際には、建物の中への浸水を防いでくれます。例えば事務所の中に浸水した場合、カーペットの交換や機械類の修理で大きな損失が発生することもあるでしょう。土嚢を積み上げるだけで損害が防げますので、保険という意味で常備しておいても十分な価値があります。近年は土嚢袋の改良が進んだことで吸水力がアップし、さらに耐久力も向上しているのです。なかなか水が捌けない、または流れ続けても設置でき、土嚢袋が破れて崩れてしまう心配がありません。土嚢袋の耐久力は非常に重要なポイントで、強化されたタイプは積み上げられると評判です。

作業がスムーズに

昔ながらの土嚢袋は破れないように取り扱う必要があり、持ち運びにも多くの人員が必要です。最新の土嚢袋は吸水性が強化されたことにより、重量の軽減が実現しています。つまり、これまでの弱点が解消され、コスト削減にもつながっているのです。吸水性タイプの土嚢袋はコンパクトなサイズと重量で保管でき、専用の倉庫や部屋を増設せずに済むでしょう。重量の軽減は少ない人数でも持ち運び可能で、工事現場や施設内など、人員配置の適正化により作業がスムーズとなります。また、破れにくいことからショベルカーでも運搬でき、取り扱いに特別なテクニックは必要ありません。初めて触れるような場合でも扱うことができ、設置場所へすばやく積めるでしょう。

建築現場を囲むシート

建築シートで建築現場を覆っておくと、木屑などが周辺に飛び散ることを防止しやすくなります。ゴムなどで作られた防音性の高い建築シートの場合、騒音被害も防止できます。また、建築現場に部外者やゴミなどが入ることも防ぎます。そのため建築シートは、周辺住民と建築現場とを守るために利用されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加