吸水性に優れている土嚢袋を使用してコストを削減しよう

作業者

建築現場を囲むシート

工事

周辺住民への配慮

建築シートとは、建築現場を全体的に囲むことのできる、大型のシートです。建物の建築では、木材を削ったりコンクリートに穴をあけたりといった作業が必要となりますが、これらにより木屑や破片が飛び散ることがあります。すると周辺住民に迷惑をかけることになるので、それを防止するために建築シートが使われているのです。特に建物が密集している都市部では、周辺住民の理解を得てトラブルを回避するためには、建築シートは必要不可欠とされています。また、建築シートで覆っておけば、建築現場には部外者が侵入しにくくなります。さらに、風でゴミが飛んでくることも防ぐので、建築シートは建築現場を守るためにも役立てられています。

素材と特徴

建築シートは、多くの場合はポリエチレンで作られています。薄く軽量なので、大きくても折りたたむことで建築現場に容易に運び込むことができます。また、燃えても有害なガスなどが出てくることがないので、溶接などをおこなう建築現場でも安全に使用できるのです。中には、木屑やゴミなどを通さない程度の小さな穴があいた、メッシュ状の建築シートもあります。穴から風が吹き抜けていくので、強風の日でも吹き飛ばされる心配をせずに作業を進めることができます。また弾力があるので、作業員の落下事故防止にも利用されています。さらに、気密性と防音性の高いゴムなどで作られた建築シートもよく使われています。これを使用した場合、周辺住民への騒音被害も防止しやすくなるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加