吸水性に優れている土嚢袋を使用してコストを削減しよう

作業者

多目的に利用される資材

土のう袋

土嚢とは土木資材の一種です。布袋の中に土や砂を詰めて使用します。また、砂だけを詰めた袋は砂嚢と呼ばれる場合もあります。外装の袋は一般的にポリエチレンが使われています。袋の中に土砂を詰めることで重量を増やし、安定性のある塊となります。持ち運びが可能なため、複数重ね合わせることで簡易的に壁のような役割を果すことが出来ます。利用例として土木工事や水害の際に応急的に用いられます。河川の水が家屋に侵入しそうになった場合や、土砂崩れの危険性がある場合に、土嚢を複数積み重ねて置くことで、水や土砂の侵入を防ぐ事が出来ます。災害時には土嚢を有効に利用することで、被害を抑える事が出来るため、防災の点でも必須な道具となっています。

持ち運びのしやすさや、用途に合わせて様々な利用法が出来るため土嚢は昔から長く利用されています。中に詰め物をしなくても袋だけで保管が出来ます。この為、場所を取らずに重ねて置いておく事が出来るので、人気の理由となっています。また、入手のしやすさや、耐久性の高さも人気の一つです。災害時には、土嚢がある事で被害の拡大を防止できるので、防災の観点から見ても、無くてはならない道具として使用されています。麻で出来た袋は天然繊維のため、温度や湿度などの急な環境変化に対して、内部を保護するような作りになっています。この為、耐久性が高く、再利用も可能となっています。自然にも優しい素材で出来ている事や、廃棄が簡単に出来ることも人気の理由です、

このエントリーをはてなブックマークに追加